Powered By 画RSS


マカオでドッグレース廃止、犬600頭は当局が引取先募集へ

 7月20日、世界最大の娯楽センターである中国の特別行政区マカオで、ドッグレースが21日廃止されるのに伴い、残されたグレイハウンド犬600頭の引き取り手を当局が探すことになった。 写真はレース場で休憩するグレイハウンド犬、6月2日撮影(2018年 ロイター/Bobby Yip)

1: きつねうどん ★ 2018/07/23(月) 15:03:22.22 ID:CAP_USER
[香港 20日 ロイター] – 世界最大の娯楽センターである中国の特別行政区マカオで、ドッグレースが21日廃止されるのに伴い、残されたグレイハウンド犬600頭の引き取り手を当局が探すことになった。

https://i.imgur.com/vn8RA8Y.jpg

 7月20日、世界最大の娯楽センターである中国の特別行政区マカオで、ドッグレースが21日廃止されるのに伴い、残されたグレイハウンド犬600頭の引き取り手を当局が探すことになった。 写真はレース場で休憩するグレイハウンド犬、6月2日撮影(2018年 ロイター/Bobby Yip)
レース廃止問題は以前から、マカオ当局、動物愛護運動家およびレース運営会社「逸園カニドローム」の経営者アンジェラ・レオン氏の間で議論されてきた。レオン氏は、マカオのカジノ王で香港出身の実業家スタンレー・ホー氏の4番目の妻で、長く行政区の議員も務める富豪。以前から、犬を虐待していると動物愛護団体に非難されてきた。

マカオ行政区は19日夜、逸園は土地のリース期限が切れることが2016年初頭から分かっていたにもかかわらず、犬に対する責任ある解決策を見つけていなかったと批判。「逸園は、グレイハウンドの処遇や行き先探しを遅らせてきた。犬の世話は不確実な状態となっており、市民を不安にさせ、社会問題化している」との声明文を公表した。

行政区によると、逸園は動物愛護法により罰せられる見通し。当局は犬が適切なケアを受けられるよう保証するという。犬が現在どのような状態にあるかについては触れていない。

マカオでは高級カジノが上陸して以来、ドッグレースは旧世代の娯楽として下火になっていた。

https://jp.reuters.com/article/macau-greyhound-idJPKBN1KD0HH


6: Ψ 2018/07/23(月) 15:39:37.28 ID:Iz2odoiu
>>1
引き取りたいニダ

2: Ψ 2018/07/23(月) 15:07:05.65 ID:JuwgDrE9
金玉顔に付いた

3: Ψ 2018/07/23(月) 15:22:01.63 ID:YylBQgTR
缶詰にして貴重な外貨獲得では

4: Ψ 2018/07/23(月) 15:30:04.55 ID:3TheTnpG
韓国に譲渡するんだろ

5: Ψ 2018/07/23(月) 15:31:27.89 ID:wHd0yLRo
どこに引き取られようと最後は中国人の腹の中

7: Ψ 2018/07/23(月) 15:51:20.60 ID:0NW8Qw9x
どうせホットドッグになるんだろ

8: Ψ 2018/07/23(月) 15:57:42.10 ID:Sg0v1aRm
叔父がイタリアングレーハウンド飼ってるけど人懐こくてカワイイぞ

9: Ψ 2018/07/23(月) 16:22:38.98 ID:g1Zwo6hx
引取先見つからなかった処分とかありそう、愛護団体は抗議するならお前らが責任もって引取れよ

10: Ψ 2018/07/23(月) 16:42:16.97 ID:MrBOS12H
在日がイオンに要望を

転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1532325802/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アクセスランキング